平野美宇って誰?実家や学校はどこ?プレースタイルは?強いの?

現在放映中のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」に卓球の平野美宇選手が出演することがわかり、話題になっています。

平野美宇選手といえば、卓球では2018年5月現在世界ランキング6位の実力者、またTVのインタビューやバラエティーで見せてくれる、天真爛漫な様子と可愛らしい風貌で人気者ですよね。

そこで今回は、卓球界のアイドル?!平野美宇選手のご実家や通っている学校、卓球のプレースタイルについてシェアしたいと思います!

広告

平野美宇選手の実家や学校は?

まずは、平野美宇選手の基本的なプロフィールを紹介します。

名前 :平野美宇(ひらのみう)
生年月日 :2000年4月14日 (18歳)
生誕地 :静岡県沼津市
出身地 :山梨県中央市
身長 :158㎝
体重 :45㎏
所属 :2018年から日本生命

また、選手情報は以下の通りです。

世界ランキング :最高位5位、2018年5月現在6位
段級位 :8段
利き腕 :右
グリップ :シェークハンド
戦型 :右シェーク両面裏ソフトドライブ型

(参考:Wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E7%BE%8E%E5%AE%87)

平野美宇選手は、静岡県沼津市の生まれですが、2歳の時に山梨県中巨摩郡田富町(現:山梨県中央市)に移り住みます。

小学校までは山梨県に住み、地元の田富北小学校に通いましたが、中学からはJOCエリートアカデミーに入校したため、本施設および味の素ナショナルトレーニングセンター近隣の東京都北区立稲付中学校に通うようになりました。

中学卒業後は、競技生活を優先するため、都内にある通信制課程の私立高等学校、大原学園高等学校に入学、現在高校3学年に在籍しています。

ちなみに。

JOCエリートアカデミーとは、将来オリンピックや国際競技大会で活躍できるような、将来有望の中高学生の競技者を生活面だけでなく学力、語学力など一貫して選手の育成をするために日本オリンピック委員会(JOC)が設置した組織です。

このJOCエリートアカデミーに所属する選手は、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)を拠点に生活し、近隣の学校(中学校は北区立稲村中学校)に通学するそうです。

さて、肝心な、平野美宇選手のご実家や学校についてですが…

平野美宇選手のお父様は、甲府市内の病院に内科医として勤務されているとのことなので、ご実家は今も山梨県中央市にあるようです。

もっとも、平野美宇選手自身は、中学入学と同時に上京、JOCエリートアカデミーに所属したので、山梨県のご実家には小学生まで住んでいたことになりますね。

また、学校は、現在は千代田区にある通信制課程の私立高等学校、大原学園高等学校の3学年に在籍とのこと。

世界で活躍する平野美宇選手、遠征などで通学も困難になることを予想して、通信制を選択しているところなど、“さすが”としか言いようがありません。

2018年4月に、JOCエリートアカデミーを一年前倒しで終了し、プロに転向した平野美宇選手。

本年度で高校も卒業、今後、ますますの活躍が期待できますね!

広告

平野美宇選手のプレースタイルと強さは?

現在世界ランキング6位の平野美宇選手、その強さの秘密は何なのでしょうか?

平野美宇選手のプレースタイルについて調べてみました。

平野美宇選手の戦型(プレースタイル)は、“右シェーク両面裏ソフトドライブ”型。

卓球をよく知らない人には、なんのことやら?って感じですよね。

右シェーク両面裏ソフトドライブ型の“右”というのは、右利きの意味。

“シェーク”というのは、“シェークハンド(握手)という握り方です、他にペンホルダーがあります。

“両面裏”というのは、ラバーのことで、凸凹があるのが表、平らなのが裏をさしていてい、“両面裏”は両面とも平らなラバーという意味だそうです。

“ドライブ”というのは、卓球台から中陣から後陣に立って、ボールに前方回転をかけるショットを中心として攻めるスタイルのことをいいます。平野美宇選手の他に、水谷隼選手、石川佳純がこのタイプだそうです。

平野美宇選手は、元々は安定志向のラリータイプでしたが、リオ五輪の代表選手落ちを機に、中澤鋭コーチのもと、ほぼ全てのボールを強打して仕掛ける高速ラリースタイルにプレースタイルを進化させました。

また、それまで得意であったバックハンドに加え、フォアハンドの威力を増すために、筋力トレーニングを積極的に取り入れたり、元世界ランク1位の劉詩雯選手(中国)のフォームを手本に、足腰をうまく連動させた重心の低いフォームへ改善もしました。

この進化後の平野美宇選手について、2016年リオ五輪後から女子日本代表監督に就任した馬場美香監督は、『フォアが非常に強く鋭くなり、ボールが重くなりました。また勝負どころでここ一本欲しいというときに思い切ったプレーができている。』と評しています。

また、平野美宇選手は精神的にも、同じ年ごろ選手とは一線を画しているようで、平野美宇選手を指導してきた中国人コーチ・劉潔(リウ・ジエ)さんが平野美宇選手の強さについて、

『彼女は卓球に対して非常にこだわりを持っていて、試合の勝ち負けに関係なく平常心を保っている。』

『彼女は毎回の練習、そして一球一球に対してとても真剣に取り組んでいた。それは目を見れば分かる。技術的な探究心はもっと強くて、分からないところがあれば必ず徹底的に研究する。これは、同じ年ごろの他の選手にはなかなか見られなかったこと。』

と語っています。

(出典:BIGLOBEニュース https://news.biglobe.ne.jp/sports/0610/rec_170610_0824675706.html)

2018年4月からプロに転向した平野美宇選手。

「人間としても強い人間にならないといけない。」

とその決断の真意をプロ転向時の記者会見で語っていました。

強くなるために、肉体的にも、精神的にも努力を惜しまず、自分にも徹底して厳しい。

平野美宇選手が強い理由は、この点にあるような気がしますね。

ネットの反応まとめ

平野美宇選手について、ネットの声を集めてみました。

超一流アスリートでありながら、テレビ番組などで見せてくれる姿は、アイドル好きで普通の高校生、かわいい18歳の女子そのもの。

そんな平野美宇選手には、かわいい!いい子!オモシロイ!など好意的な声であふれています。

『雰囲気がかわいい』

https://twitter.com/N_Toku25/status/1001806057654530048

『まだ高校生なの?』

『めっちゃいい子』

『応援したくなる』

https://twitter.com/single_guardian/status/1001493276266905601

『オモシロイ』

https://twitter.com/mana767176/status/1001791328160694273

『推せる』

『ドルオタとしても』

『しびれる!かっこいい!!』

『超オフェンシブ』

広告

4、まとめ

今回は、現在放映中のフジテレビのドラマ「コンフィデンスマンJP」に出演するということで、平野美宇選手について調べてみました。

調べれば調べるほど、平野美宇選手の強さとスゴさには、圧倒されっぱなしでした。

それなのに、トーク番組などで見せてくれる姿は、本当に可愛らしく、面白く、普通の高校生そのもので、好感度抜群!

ドラマ「コンフィデンスマンJP」では、卓球選手役での出演とのことですが、初演技には変わりありません。

平野美宇選手のまた違った一面を見せてくれるかも?!楽しみですね。