クレヨンしんちゃんの声優矢島晶子はいつからしんのすけ役だったの?降板理由は?n

大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公、野原しんのすけの声優を担当している矢島晶子さんが、6月29日の放送を最後に降板することになり、たちまちネットで大きな話題になっています。

主人公の野原しんのすけは、まさに矢島晶子さんが、その独特の声と話し方で作り上げた大人気キャラクターですよね。

そこで、今回は矢島晶子さんがいつから野原しんのすけ役を演じていたのか、気になる降板理由についてシェアしたいと思います!

広告

矢島晶子さんはいつからしんのすけ役をやっていた?

大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」は、現在テレビ朝日系列で金曜夜7時30分に放送されています。

放送開始は1992年4月、なんと今年で27年目の長寿アニメ番組です。

矢島晶子さんは、番組放送開始時から、26年3か月の間、ずっと“しんのすけ”役を演じてきたのです。

放送開始当初は今のしんのすけと全然違うため、矢島晶子さんが二代目ではないかと思っている人もいるようですが、そんなことはなく、ずっと矢島晶子さんが演じています。

アニメ「クレヨンしんちゃん」の魅力は、なんといっても、主人公しんのすけの、ハチャメチャだけど、憎めない、とにかく可笑しくて子供も大人も笑っちゃう、独特のキャラクターです。

そして、しんのすけのキャラクターの魅力を倍増させていたのが、矢島晶子さんによる、しんのすけの声と、語り口調でしたよね。

「オラ、しんのすけだぞ~」や「ドキがムネムネ~(声が裏返る)」などのセリフは、誰もが思い出せるほどお馴染みで、中には真似をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

その、ずっと聞いてきたしんのすけの声が、6月29日を最後に聞けなくなるのは、本当に寂しい話です。

6月29日の放送は、絶対見逃せません!

広告

矢島晶子さんがしんのすけ役を降板する理由は?

矢島晶子さんは、なぜ、しんのすけ役を降板するのでしょうか。

テレビ朝日公式HPにある、「クレヨンしんちゃん」番組HPの『しんちゃんニュース』に、声優降板について以下のような矢島晶子さんのコメントがありました。

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。

理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。

キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。

また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

(出典:テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/shinchan/contents/news/0092/)

26年3か月もの間、あの独特の声を変わらず出し続けることは、並大抵のことではなかったのですね。

声を出すことに集中することで、役の自然な表現ができなくなったため、との降板理由。

矢島晶子さんのプロ意識の高さに、本当に頭が下がります。

矢島晶子さん、今まで本当にありがとうございました!そして、お疲れさまでした!

広告

ネットの反応まとめ

矢島晶子さんが、しんのすけ役の声優を降板することについて、ネットの反応を集めてみました。

「残念」、「ショック」、「小さい頃から聞いていた」と、やはり、矢島晶子さんの降板のニュースに、みなさん大きなショックを受けています。

それだけ、「クレヨンしんちゃん」は国民的アニメであり、また、しんのすけのキャラクターは、矢島晶子さんの声と語り口調があってのモノだった、ということですね。

『野原しんのすけは矢島晶子だけ』

『まじで残念すぎる』

『ほぼ全話見てきたからショック深い』

『クレヨンしんちゃんで育ってきて』

『時代が変わるって感じがする』

『今までお疲れ様でした』

『生まれたときからあるものが変わる』

『めちゃくちゃ大好きな声』

『よくモノマネさせてもらってました』

『今後どうするんだろう』

https://twitter.com/sou_mizukami819/status/1002536679817687040

アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公、野原しんのすけ役の矢島晶子さんが降板とのニュースが発表され、多くの人から「残念」「ショック」との声が聞かれています。

それだけ、矢島晶子さんが作り上げてきた“しんのすけ”が、みんなに愛されていた、ということですね。

まだ、次の声優さんは決まっていないとのことですが、次のしんのすけはどんな声でお茶の間に笑いを届けてくれるのでしょうか。

矢島晶子さんの声をしっかり記憶にとどめながら、次の“しんのすけ”に期待しましょう!