イカルディ選手は落選するべきだった!?本当の落選理由は何だったのかn

ロシアワールドカップ出場国の一つ、アルゼンチン代表が発表されましたが、セリエAで得点王に輝いたイカルディ選手がなんと落選・・・。

そこで今回はイカルディ選手は落選するべきだったのか、本当の落選理由は何だったのか調べてみたのでシェアしたいと思います。

広告

イカルディの落選理由は?

イカルディ選手はインテルに所属し、今季29ゴールを上げ、セリエA得点王に輝いた選手です。

2018年5月14日にロシアワールドカップに向け、アルゼンチン代表メンバー23人が選出されましたがその23人にイカルディ選手の名前は挙がりませんでした。

なぜ得点王にも輝いたイカルディ選手はアルゼンチン代表に選出されなかったのでしょうか?

理由として挙げられていることは3つあると考えられます。

1つ目は、インテルでは結果を残していますがアルゼンチン代表では結果を残していないことです。

ホルヘ・サンパオリ監督は

「彼のアルゼンチンでのパフォーマンスはインテルのときと比べてベストではない」

と発言しています。

やはり、FW陣は結果を重視されてしまうんですね・・・・。

2つ目は、アルゼンチン代表に選出されたFW陣はメッシ、ディバラなどといった強豪ぞろいであり、イカルディ選手は残念ながら力が及ばなかったからではないかという理由からです。

確かに豪華な顔ぶれ!!

選出する側もとても悩むような顔ぶれですよね!!

3つ目はイカルディ選手の問題行動あったから

イタリアの「Football ITALIA」によるとイカルディ選手は自身が代表に選ばれない背景には略奪愛が関係していると考えていると報じています。

略奪愛!!??

これはいったいどのようなことなのでしょうか??

なんとサンプドリア時代の先輩でもあったマキシ・ロペス選手の嫁、ワンダ・ナラさんと不倫をしてしまったそうです。

しかもSNSで堂々とアピール、最終的にはワンダ・ナラさんと結婚をしました!!

完全なる略奪愛ですね・・・・。

他にもイカルディ選手には問題行動がありました。

イカルディ選手は自伝『Sempre Avanti(常に前へ)』を出版しました。

その中でインテルのウルトラス(サポーター)に対し侮辱するような言葉があったそうです。

この自伝が問題となり、イカルディ選手は罰金を科せられたそうです。

広告

イカルディは落選するべきだった?

イカルディ選手の落選に対し、疑問を持っている方も多いようですが、イカルディ選手は落選が妥当と言えたのでしょうか??

イカルディ選手は略奪婚をした結果、アルゼンチン代表メンバーらとの間に溝が生まれていたと報じられていました。

またアルゼンチンの英雄ディエゴ・アルマンド・マラドーナ氏はイカルディ選手について

「裏切り者だ。遅かれ早かれ代償を払うことになる。」
「マキシ・ロペス選手に対して彼がした事は許されざる行為だ」

と激しく非難したこともあったそうです。

FW陣はもちろん結果を重視されてしまうポジションだと思います。

他の選手に比べ、代表で活躍できなかったことも落選の理由だと思いますが、イカルディ選手の場合、ピッチ外でも騒動となってしまうことがあり、落選となってしまったのかもしれませんね・・・・。

広告

ネットの反応まとめ

ここではイカルディ選手の落選についてネットの反応をまとめてみました。

イカルディの代表落選悲しすぎる。
イカルディが落選とか信じられない。
イカルディが落選するほどアルゼンチンのFW豪華すぎ。
イカルディ落選ってやっぱり略奪婚が原因なのか。
イカルディ落選はフィットしないって理由も大いにあるだろうけど。
イカルディ落選は仕方ないだろ 普通に嫌われているし。

ネット上ではイカルディ選手の落選については驚きと問題行動があったので妥当だという意見に分かれていました。

イカルディ選手は落選するべきだったのか?本当の落選理由は何だったのか?まとめ

アルゼンチン代表に落選してしまったイカルディ選手。

問題行動等もあったようですが、一流のサッカープレイヤーであることは間違いありません。

25歳という年齢でもあり、次回のワールドカップ選出にも希望がある選手ですよね。

更なる活躍をして次回のワールドカップではアルゼンチン代表として活躍してほしいなと思います。