フードシェアリングのtabeteとは?アプリや通販もあるの?

フードシェアリングというのが日本テレビ「ZIP」でも放送されました!

今、話題のフードシェアリング「TABETE」では、お店の閉店時間や賞味期限などが理由で通常の価格よりも半額以下で食べることができる素敵なサービスです。

今回はフードシェアリングの「TABETE」とフードシェアリングのアプリや通販をご紹介します。

広告

フードシェアリングのtabeteとは?

「TABETE」は、飲食店で止むを得ず廃棄をしなければいけない食事を、わたしたちが手軽にレスキューできるウェブサービスです。

まだおいしく食べられるのに、お店の閉店時間や賞味期限などの理由から食事を捨てなきゃいけないのはもったいないですよね?

お店が食事を捨てざるを得ない時に、TABETEのユーザーがその食事を助け出すことができます。

飲食店で余った食材の多くは、まだ食べられるのに捨てられてしまっています。

食料廃棄の多くは、わたしたちが知らないところで起きています。

TABETEのユーザーは、TABETEのサービスを通して簡単に食料廃棄の削減に協力ができます。

まだ行ったことがない新しいお店を見つけたり、おいしい食事を安く食べれて、お店側もTABETEのユーザーもメリットがいっぱいですね!

TABETEの公式サイトでは、掲載店を随時募集していて店舗さんの負担もなく無料で掲載ができます。

TABETEのユーザーは自分が今いる場所から近くのお店を見つけて、web上でクレジットカードの決済をしればマッチングが完了します。

そしてTABETEのユーザーが時間内にお店に商品を受け取りに行くだけです。

それぞれの飲食店が料金を設定しています。

廃棄されてしまうような形が崩れたものなどワケありのものが通常以下の半額で食べれることができます。

広告

フードシェアリングのアプリや通販は?

「Reduce Go」は定額制のフードシェアリングサービスで、Reduce Goのユーザーは月額1980円を支払って飲食店などが出品している廃棄されてしまうものなどを1日に2回も手に入れることができます。

スマートホンのアプリで自分が今いる場所から近くのレストランやカフェや小売店などで余剰食品を提供している店舗の検索ができます。

気に入ったお店を見つけたら、アプリでお料理を探して注文をして取りに行きます。

また、店内で飲食できるものもあります!

「KURADASHI.JP」は通販のフードシェアリングサービスで、メーカーの賞味期限の近いものや、季節商品など廃棄しなければいけない商品が多数販売されています。

ほとんどの商品が半額以下で販売されていて、お酒やお菓子やラーメンなどがあって見ているだけでも楽しいですよ♪

広告

ネットの反応まとめ

「フードシェアリング」についてのネットの反応は、

フードシェアリングサービスTABETE考えた人最高だな!
普通にフードシェアリングめっちゃ気になる♡けど、これ交通費考えたら絶対マイナス
フードシェアリング…「回し食い」かと思ったです
お腹に入れば一緒タイプなので、フードシェアリングお得なサービスだと思いました
フードシェアリングが定着化したら無断キャンセルしても誰かが食べてくれるから大丈夫!とか言う人が出てきそう
お店一覧が見たくて登録したものの、都内ばっかりで意味なかった
フードシェアリングって新垣結衣とか石原さとみが自分の食べかけの料理をあーんしてくれるサービスのことで合ってます?
俺が経営してる時にこんなアプリがあったらマジで神やったなw
そんな事より形が悪いから売れないなんていう感覚をどうにかした方がいいと思うんだよね。
フードシェアリングを見ていると定価で買うのがアホらしくなりますな。

「TABETE」の公式サイトはZIPの影響で繋がりにくくなっています。

広告

フードシェアリングとはどんなサービス?メリットやデメリットは?まとめ

確かに交通費を考えるとあれですが、フードシェアリングはお店に取ってもわたしたちにとっても最高のサービスだと思います。

今後もフードシェアリングの掲載店もどんどん増えていきそうですね!