大谷翔平がメジャーで打たれる理由は?初先発の不安点と期待することn

ついに大谷翔平選手のメジャーリーグ初登板が決まりましたね!

打者としてはすでに出場をして初ヒットを放っていますが、投手としてはどうなるのでしょうか!?

見ているこちらとしても来たいと不安でいっぱいになりますね!

今回は、大谷翔平選手の初先発で期待することや不安な点についてと、大谷翔平選手がメジャーで活躍できるかどうかについて調査しました!

スポンサーリンク

大谷翔平がメジャーで打たれる理由は?初先発の不安点と期待すること

大谷翔平選手の初先発に期待しているところは?

とりあえず責任投球回の5回を2失点で乗り切れればたいしたものだと思います。

同時に打席に入るかはまだ分かりませんが、日本に居たときには打席で一度気持ちをリセットするようなリラックスするような感じもありましたので、メジャーの度肝を抜く意味でもいきなり二刀流をしてもらいたいと思っています。

メジャー初登板初先発になるわけで緊張するのは当たり前ですが、大谷選手の場合だけは事前の試合で打席に入って場慣れ出来ているという特殊な特権があるので二刀流で緊張することを踏まえるとプラスマイナス0で挑めるような気がします。

大谷翔平選手の初先発の不安なところは?

失点より投球の中身に注目です。

「ストレートに変化が少なく素直なボールだ」「内角はちゃんと攻められるか」など言われていますが本番になると力を発揮するタイプなので、意外と言ったら失礼ですが7回2失点ぐらいの素晴らしい投球をするような気もします。

しかしストレートに狙いを絞られると厳しいかもしれません。

たとえ102マイル=164キロ投げてもメジャーのクリーンアップは打ち返してくるでしょう。

本人も打席に立つだけに内角をえぐれるのかも多いに興味が出てきます。

相手打者に当てようものなら報復が当たり前の世界でどうなるのか?。

日本では時々太ももに張りを訴えることがあったのでその点も心配です。

分業制が日本以上に確立されていますが怪我による降板はスケジュールが狂って一気に中継ぎ陣の疲れを増幅させます。

心情的にも優遇されすぎて反感に繋がらないか心配です。

スポンサーリンク

大谷翔平選手は活躍できる?できない?その理由は?

個人的には少なくとも一年目は投手に絞って欲しいと思いますがあくまで二刀流で行くのであれば厳しいと思います。

結果日本時代と同じように成績だけ見たらどっちつかずの微妙な成績になってしまうような気がします。

それでもとにかくここぞという場面で打ったり投げたりするインパクトは強い選手なので印象は残ると思います。

日本のテレビ局も一年のハイライト集は作りやすいと思います。

打者では気が早って上体が突っ込みすぎてセカンドゴロの山に気をつけて欲しいです。

左投手に妙に弱いのも気になります。

投手としては内角を厳しく攻められずに中から外のボールを狙い打ちされてしまう事に気をつけてほしいと思っています。

獲得直前と言われていたドジャースや噂のあったヤンキーズなど、大都市の大きい球団に入らなかったのも気後れしているのではと見えてしまい気になります。

中型チームで好きにやりたい気持ちも分かりますがどこでも結果が出て初めて認められるのでがんばって実力で示して欲しいです。

スポンサーと報道陣連れてきただけでベテラン主力プホルスをDHから負担の大きい一塁に追いやっただけと言われないよう期待しています。